電子書籍ならコストは半分で。

紙の書籍を出版し販売するためには、印刷費・配送費・在庫管理費などが必要となります。一方、電子書籍では、それらが一切かかりません。

 

電子書籍が紙の書籍と比して優れている点は、コスト面だけではありません。文字が拡大できること、文中の検索が容易なこと、リンク等を貼れること、随時改訂できること……etc。電子書籍は、今後ますます広がっていくことでしょう。

 

弊社では、この電子書籍(Kindle)の製作・出版についてもお手伝いをいたします。もちろんそれは、Amazonのサイトにて販売が可能となります。

 

  ▼ harunosoraの電子書籍の例

鼻めがねという暴力(林田俊弘著)

レビー小体型認知症の診断と治療(小阪憲司監)

 

電子書籍にしてみたい内容やテーマ、アイデアがありましたら、お気軽にご相談ください。

 

株式会社harunosora

TEL090-6796-8989[担当・尾崎]

FAX044-330-1744

kabu.harunosora@gmail.com